河谷シャツ様のお店の看板を、陶板でおつくりさせていただきました。

 

このシャツに袖を通すと楽しくなります。ハッピーにお過ごしください!!

シャツ君が左手を振って温かく出迎えてくれます。

そんな風に語りかけてくれているような。

九谷焼の半磁器土の表面に磁器用の白い土を覆わせた円形の陶板です。

版下原稿をもとに樹脂型を作成します。

粘土圧延機で粘土を約9mmに延ばします。

その粘土板に、樹脂型からしっかりと確実に凸模様を写し取ります。

形良い円形に粘土板を切り出します。

反りの出ないように、注意して乾燥します。

乾燥が完了したら、辺縁をアール形状に水拭き仕上げをします。

30㎝の完成予定の場合は、成形時は約35㎝の大きさです。

凸文字とシャツの輪郭線は紺色の土でしっかりと丁寧に着色。

ボタンの部分はサンドブラストで彫りこみ、そこに九谷焼の紺青と黄色の上絵絵の具を落とし込みました。

胸ポケットのハンカチは紺色のKと黄色のWでしょうか。

紺色は酸化コバルトによる瑠璃色の発色です。

焼きが強すぎると、色が流れたり土に浸み込んで発色が薄れたりすることがあります。
今回はとてもしっとりと綺麗に発色してくれました。
この度はご用命に預かりありがとうございました。