白山市中町商店街~千代尼通りの歩道装飾陶板を制作しました。

白山市松任出身の俳人、加賀の千代女の俳句にちなんだ
美しいイラストをタイルに焼付けました。
イラスト原画は、石川県出身挿絵画家、西のぼる氏が描いたもの。

写真陶板の技術でタイルに焼付け、歩道用の装飾陶板に仕上げました。
(2007年制作)

歩道用オリジナル写真陶板加賀の千代女
「月の夜や石に出てなくきりぎりす」
中町商店街(通称千代尼通り)に、
歩道照明灯とセットで設置されています。
歩道用オリジナル写真陶板加賀の千代女
「雪の夜やひとりつるべの落つる音」
歩道用のため、陶板焼成後、
表面に滑り止め加工をしてあります。

オリジナル写真陶板加賀の千代女~中町商店街千代尼通り

陶板制作用原画

オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女

写真陶板完成品
「福わらやちりさへ今朝のうつくしさ」

原画に比べ、赤色はエンジ色に近い色味となります。

下は写真陶板完成品です。

オリジナル写真陶板加賀の千代女~中町商店街千代尼通り
朝顔やつるべとられてもらひ水
 オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女
百なりやつるひとすじの心より
オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女
松の葉もよみつくすほどすずみけり
オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女
縫い物に針のこぼるる鶉かな
オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女
紅さいた口もわするるしみずかな
オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女
あじさいにしずくあつめて朝日かな
オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女
春雨や土の笑ひも野にあまり
オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女
雪の夜やひとりつるべの落つる音
オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女
里の子のはだまだ白しももの花
オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女
鶯やわが聞くをまづわが初音
オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女
夕顔や女子の肌の見ゆる時
オリジナル写真陶板歩道用装飾陶板加賀の千代女
わけいれば風さへきえて諌鼓鳥(かんこどり)
▶陶製サイン看板制作例